ニコレットのメリットとデメリット ニコレットのことを医師から教えてもらい理解した男性

ニコレットは禁煙を補助してくれるガムで有名です。ニコレットを噛むことで煙草が不必要になりタバコを止められる方と、稀にニコレットに依存してしまいニコレットを止められなくなる方がいるそうです。ニコレットについて知りましょう。

CMでも話題のニコレットは禁煙の実現にも安い商品

ニコレットは、タバコを吸いたいと感じた時に代りにニコチンが含まれているガムを噛み、ニコチンを口腔粘膜から吸収させる仕組みのガムです。従来のタバコによるニコチンの摂取を、そのガムを噛むことによるニコチン置換法を採用する形となります。

効果的にニコチンを補充できることでタバコを吸えないことによるイライラ、集中できない状態を解消する上でも優れています。一番の魅力は、ニコチンの摂取量をこのガムによって自己調整が可能であり、徐々にニコレットのガムの量を減らすことで禁煙に至らせることです。

実際にニコレットのCMでもマラソンに例えた表現で宣伝されており、禁煙までの道のりもマラソンと同じ感覚の道のりとなることが理解できます。さらにCMの中では街場の喫煙所を見ると途中でタバコを吸いたいとする衝動に駆られるシーンもありますが、それを我慢しニコレットガムを噛みます。

つまり禁煙に至る為には一朝一夕では解決しない問題で、ニコチンとある程度の期間付き合う必要があります。なおニコレットは継続して使用を行なう必要があるため、その分の費用がかかることは懸念されます。

しかしタバコによる病気で治療・入院やその健康被害のリスクを考慮すると、驚くほど費用は安い側面もあります。確かに病気になって治療や薬にかかる費用と比較すると安いからです。

しかもニコレットのジェネリックタイプの薬も登場しているぐらいのため、さらに安い状態で購入できて使用することも可能となります。またニコチンをしっかり補充できるので、タバコを吸う必要や購入する必要もなくなることが予想され、その分も安くなります。

ニコレットによる禁煙成功のための期間は、約3ヶ月を目処に想定しており、3ヶ月でタバコを止めることが出来れば、将来に向けての禁煙によるメリットを受けることも出来ます。