ニコレットのメリットとデメリット ニコレットのことを医師から教えてもらい理解した男性

ニコレットは禁煙を補助してくれるガムで有名です。ニコレットを噛むことで煙草が不必要になりタバコを止められる方と、稀にニコレットに依存してしまいニコレットを止められなくなる方がいるそうです。ニコレットについて知りましょう。

2016年08月の記事一覧

塗装現場の喫煙事情と10ヶ月目の山場とニコレット

塗装を行う現場と言うのは揮発性の塗料を使う事、シンナーなどの溶剤を使うなどの理由からも火気厳禁となっており、作業中は勿論の事、所定の場所以外では禁煙にしておく必要が在ります。

尚、塗装に利用する塗料には、そのまま塗装が出来る塗料も在れば、水もしくはシンナーの何れかを混ぜて使う塗料も在りますが、水を薄めて使う塗料でも火気厳禁と言った事は守る事が大切であり、仕事場などでは喫煙を行う事が出来る場所を設けて休憩時間などに喫煙をすることになります。

尚、オフィスの中では火気厳禁と言う事は在りませんが、分煙化が進められている事からも、自分の席で煙草を吸いながら仕事をすると言った事が出来なくなっている会社が多く在りますが、席で煙草を吸えなくても、喫煙所が設けられている為、煙草を吸いたくなった時は席を離れて喫煙所に行って一服をすると言うケースが多く在ります。

しかしながら、仕事中の喫煙所通いと言うのは仕事の効率を下げるとして、会社の中には決められた時間しか煙草を吸えない環境になっている事も在り、これをきっかけに煙草を止めようと考える人もいます。

また、煙草は税金が上がることで煙草代もアップしており、経済的な理由で電子タバコを併用する人もいますし、電子タバコは煙が出ないと言っても、席で利用するわけにはいかないため、煙草を止めたいと考えるケースが多いわけです。

禁煙を開始して10ヶ月も経過すると、煙草に対する欲求は無くなるようにイメージされる人も多いのですが、禁煙して10ヶ月目と言うのは、ちょっとした事で1本を吸ってしまうと言うケースが多くと言われており注意が必要です。

尚、禁煙をする時にニコレットを利用する人もいますが、ニコレットは3ヶ月などを目安にして使用することが推奨されている禁煙補助剤です。

続きを読む

ニコレットのパッケージを見て禁煙中の代謝低下を防止

たばこには、様々な有害物質が含まれており、健康に対しては深刻な悪影響を及ぼしてしまいます。その最たるものが発がん物質のがんで、男女の肺ガンの罹患率の違いは喫煙率と比例していると推測されています。このために、禁煙に成功するということは、それだけで健康に多様なメリットを享受できるということになります。

ただし、一方で禁煙すると代謝が落ちるうえに口さびしくなるので太ってしまうという意見も散見されます。これは、たばこに含まれているニコチンは、自律神経に働き掛けることにより、基礎代謝を亢進する作用があるからです。禁煙に成功すると当然この様な作用はなくなるので、代謝が低下するということになります。ただし、心肺機能などは向上するので、運動を行うなどで十分解消できる問題です。

また、ニコレットという指定第2類医薬品を使用することにより、禁煙中の代謝の低下を防止することも可能です。これは、ニコチンを口腔粘膜から補給しながらたばこから離れるという内容であり、基礎代謝を亢進する作用は継続するからです。また、ガムの様に使用するということで口さびしくなるということもなく、ニコレットを利用している間は体重の増加を心配する必要はありません。

なお、ニコレットは、クールミント、フルーティミント、アイスミント、ミント、ノーマルと5種類のタイプが用意されており、パッケージにより違いを分けています。ちなみに、クールミントはブルーのパッケージで、フルーティミントはオレンジ、アイスミントはグレー、ミントは水色、ノーマルはグリーンという内容です。最長でニコレットは3カ月間は利用できるので、その間は味のバリエーションを楽しむことができます。

続きを読む