ニコレットのメリットとデメリット ニコレットのことを医師から教えてもらい理解した男性

ニコレットは禁煙を補助してくれるガムで有名です。ニコレットを噛むことで煙草が不必要になりタバコを止められる方と、稀にニコレットに依存してしまいニコレットを止められなくなる方がいるそうです。ニコレットについて知りましょう。

ニコレットのメリットと何日間の利用が適切かについて

「ニコレット」は、禁煙の補助をすることができるものとして有名です。ドラッグストアーなどで手軽に手に入るため、多数の人々に利用されています。
ニコレットのメリットは、ニコチンを摂取しながら禁煙に取り組むことができる点です。禁煙中においては、禁煙直後の離脱期間を乗り越えることが成功するためのポイントになります。この離脱期間には、ニコチン依存症のイライラや落ち着かない、頭痛や便秘などの様々な症状がみられることがあります。この離脱症状は、それまで行われていたニコチンの供給がストップすることからの反応です。通常、離脱期間の症状は3日程度がピークとされています。ニコレットは、この離脱症状の最も強い期間を乗り越えることを最大の目的とした商品です。離脱期間を脱し、喫煙欲求を徐々に下げることが大切です。ニコレットには、微量のニコチンが含まれていますので、離脱症状を緩和しながら、離脱症状の強い期間を乗り越えることをサポートすることができます。離脱症状は3日程度をピークに達したあとに、そのあとは徐々に消失していきます。何日間使用するのかは、もともとの喫煙本数などにより異なりますが、期間は4週間程度を目安とし、一日あたりの個数が減ったところで、ニコレットの使用を中止します。使用上の注意点としては、ニコレットに依存をしないことです。禁煙に成功してもニコレットを使用し続けていると、ニコチンへの依存により再び喫煙を再開してしまう恐れがあります。また、ニコレットは急いで噛んでしまうとニコチンが大量に出てしまい、そのニコチンを吸い込むと吐き気や胸焼け、胃の不快感につながりますので、用法用量をしっかり守ることが重要です。