ニコレットのメリットとデメリット ニコレットのことを医師から教えてもらい理解した男性

ニコレットのメリットとデメリット

ニコレットは禁煙を補助してくれるガムで有名です。ニコレットを噛むことで煙草が不必要になりタバコを止められる方と、稀にニコレットに依存してしまいニコレットを止められなくなる方がいるそうです。ニコレットについて知りましょう。

ニコレットの使い方

最近では禁煙を医療機関に通うことによって達成できるようになってきていますが、人によっては通院する時間がないという人もいるかもしれません。そのような人は、手軽に禁煙を始めることができるニコレットガムの使用を考えてもよいかもしれません。ニコレットガムであれば、ドラッグストアなどで販売していますし、方法も簡単なので、取り組みやすい禁煙方法の一つです。ただし、間違った使用の仕方で禁煙を行えば、途中で挫折してしまう恐れがあるので注意が必要になってきます。そこで、ニコレットガムの正しい使い方としては、まず、普通のガムのようにただ噛めばよいというわけではなく、一回一回ゆっくりと噛んでいくということが大事になってきます。ゆっくりとガムを噛むことによって、よりガムに含まれるニコチンが体内に吸収しやすくなります。何回かゆっくりと噛むと、徐々にピリッとした味を感じるようになりますが、これはニコチンが放出されたことによるものです。この状態になったら、ガムを噛むのをやめて、歯茎と頬っぺたの間にガムを置いてそのままの状態にします。ニコレットガムの味がなくなったら、再びゆっくりと噛んで、しばらくしたら置いておくようにします。所要時間としては、30分から60分の時間この流れを繰り返していきます。たばこの代わりにニコチンを摂取することになるので、ガムを噛むと徐々に喫煙欲求がなくなっていきます。とはいえ、しばらくすると喫煙欲求が生じてきますから、そうしたら再びガムを噛むようにします。たばこの代わりにガムを噛むことを繰り返していくと、喫煙欲求がなくなっていき、ガムを噛まなくても喫煙しないで済むようになっていきます。最終的にガムを全く噛まなくても喫煙をしないでいられるようになったら、禁煙は達成されたということが言えるでしょう。

ニコレットで煙草を止めれる仕組み

禁煙方法にはいくつかの方法がありますが、中でもニコレットガムによる禁煙方法は、手間や費用をそれほどかけることなくできる方法として有名です。そこで、もしニコレットガムを試してみるのであれば、なぜニコレットガムを噛むことによって煙草を止めることができるのかという仕組みを知ってからニコレットガムによる禁煙を始めるとよいでしょう。ニコレットガムの煙草を止めるメカニズムとしては、煙草の代わりにガムを噛むことによって、ニコチン摂取量を減らし、煙草を吸うという習慣を断っていくという仕組みになっています。なぜ、煙草が止められないのかというと、ニコチンという煙草に含まれる成分が大きく関係していると考えられます。このニコチンが体内から減少すると、それを再び補おうと脳が指令を出すので、繰り返して煙草を吸ってしまうということが考えられます。ですから、禁煙を達成させるためには、このニコチンが体内にない状態が普通の状態になるように戻してあげる必要があるということになります。ニコチンの摂取を控えれば、それは達成することができるわけですが、いきなりニコチンの摂取を止めてしまうと、禁断症状といって、イライラしたり、煙草を吸いたい欲求が強く出すぎてしまうことになります。しかし、ニコチンの摂取量を少しずつ減らしていく方法であれば、禁断症状に悩まされることなく禁煙を達成することができるということになります。ニコレットガムには少量のニコチンが含まれています。このガムを煙草の代わりに噛むことによって、摂取するニコチンの量を減らしていくことができます。最終的にはガムも噛まないでいられるようになれば、完全にニコチンが体内から抜けるので、禁煙を継続していくことができるようになります。

ニコレットに依存してしまったら

なぜ、禁煙から抜け出すのが難しいのかといえば、たばこに含まれるニコチンが体内から減少すると、脳がニコチンを摂取しようという命令を出すからです。特にいつもたばこを吸い続けていないといられないという人の場合は、ニコチン依存症になっている可能性があります。そこで、最近では、こういった喫煙習慣から抜け出すための方法として、ニコレットガムを使用したニコチン代替療法という方法も登場してきています。このニコレットガムには、ニコチンが含まれているので、ニコレットガムを噛んだ後はたばこを吸った後のような気分になり、喫煙欲求から解放されることになります。たばこを吸いたいという欲求が出る度にニコレットガムで欲求を解消していくと、たばこを吸いたいという欲求がなくなっていきます。そして、最終的にガムもやめれば、禁煙していくことができるようになるという方法です。しかし、中には、今度はニコレットガムがやめられなくなってしまうという人もいます。ニコレットガムにはニコチンが含まれているわけですが、結局ニコチンが少しでも切れてしまうとガムでそれを補おうという脳の命令が出るようになっている状態であるということがいえます。もし、このようなガムへの依存が生じるようになったら、禁煙外来に行って、医師に相談するということが大事になってきます。ニコレットガムには使用期限というものが決まっていて、およそ6カ月となっていますから、もし、その期間を経過してもガムをやめることができないような状態であれば、すぐに医師に相談するとよいでしょう。禁煙外来では、ガム以外にも様々な禁煙方法が行われていますから、ガム以外の禁煙方法を提案される場合があります。